店内カメラを利用した新たな顔認証マーケティング

近年、百貨店や、スーパーマーケットでは、幅広い世代の方に来店、購入していただけるように様々なマーケティングをしています。

そこで、最近注目されているマーケティング方法として知名度を上げつつある、カメラを使った「顔認証マーケティング(顧客情報取得)」というものを紹介いたします。

お見せの中の棚の前に、カメラを設置。カメラがお客様の顔を認識して、
データを収集する…というものです。

どの店内に設置してあるカメラも、いまや技術の進歩により、より正確にさらに詳しい外見的判断ができるようになりました。

いままでは防犯意識や犯人特定のために使用されていたカメラ映像ですが、いまや入店した顧客の性別や、年齢層まで知ることが出来るマーケティングツールになっています。

どの時間帯にどの世代の顧客が来店したか、購入した商品や店内の滞在時間、興味のある分野までもがカメラを通してわかり、より売り上げや店舗の活性化につながる催事を開催することもできます。

通信販売で購入することの多い中、店舗まで出向くという行為には、購買の意思や、店員とのやり取りで何かを得たいと思っているからです。

再度来店してもらいリピーターになってもらうためにどのような商品を置き、接客の質を向上させることが可能になります。